お知らせ

森の名手名人認定書伝達式

2018.10.25

平成30年度の森の名手名人に認定された冨澤健一さん(カスタネット)、大野修志さん(木工玩具)、堀川正一郎さん(素材生産)、後藤孝さん(原木シイタケ生産)の4名に八木原理事長から認定書が伝達されました。
森の名手名人は、平成14年以降、森に関わる樵、炭焼き、木地師、大工、椎茸生産等の生業において、優れた技を極め、他の模範となっている達人を「森の名手・名人」として、毎年選定を行い、今年も全国で76名が認定されました。
残念ながら国土緑化推進機構による森の名手名人認定は今年最後となりました。これまで群馬県内では30名が認定され、全国では1404名となっています。
今後とも、緑化推進委員会として『森を再生していくさまざまな技術の大切さ』や『山とかかわり続けていくことの豊かさ』を知っていただき、併せて、その技を育んできた地域の自然と気風を守り育てて行きたいと考えています。