お知らせ

高砂熱学工業株式会社様から「緑の募金」いただきました。

2018.02.16


高砂熱学工業株式会社様から、、群馬県渋川市伊香保町にある自然林「高砂熱学の森」において、森林整備や自然体験活動を実施されているご縁で、会社に設置してある自動販売機の売り上げの一部を緑の募金として当委員会に寄付していただきました。
平成30年2月16日県庁にてコーポレート部副本部長斉藤理事様より八木原理事長、須藤理事(群馬県環境森林部長)あて目録をいただきました。これに対して八木原理事長から感謝状が贈呈されました。
ご寄付いただいた「緑の募金」は県内各地域での緑化事業や森林の整備等に役立てていきます。
大変ありがとうございました

受納式では、空調設備を主な事業として環境創りを通じて社会に貢献される高砂熱学工業様と自然の「空調設備」である森林や身近な緑を整備する当委員会の目的は同じであることが話題になっていました。
「企業の森林づくり」の関東エリアの活動拠点である「高砂熱学の森」は、36 ヘクタールに及ぶ自然林です。長期にわたり整備を継続し「巨木の森」に育てるという構想の下、すべての役職員とその家族の皆様が森林保全の大切さについて理解を深める場として活用されています。